作品情報

  • Nコード
  • N1080ES
  • あらすじ
  • ミスティアはある時前世を思い出し、ここが乙女ゲームの世界に酷似した世界であること、
    自分がデッドエンドを迎える悪役令嬢として産まれてきたことを知る。
    彼女は両親と使用人を守る為デッドエンド回避に尽力した結果、
    攻略対象たちはゲームに無かった病みや狂気を現しはじめる。

    デッドエンド回避をしつつ、攻略対象たちの狂いを補正しようとするミスティアだが、
    彼女の知らない間に周囲の外堀は埋め尽くされ、投獄死罪を回避する学校生活は、
    一歩間違えれば監禁バッドエンドの学校生活に変化していていた。

    起きないイベント、無かったはずの事件、生きているはずのない人間……。
    そして、本来ならば存在しなかった使用人たち……。
    全てが異常だらけの中で、彼女は無事、ゲームシナリオ終了の一年間を終えることが出来るのか。
    「選びなよ。選択権は君にある。君の意思でどちらを捨てるか選んで。ミスティア」
    「ふふ……仕方ないなあ。いいよ。だってミスティアが俺にとって一番大事だもの」
    「それじゃあお前はあいつのことが好きだと思われるだろ」
    「違うんだ、これでいい。これでいいんだ。君を守ることで……俺は……」
    「ひひ、お前にも見せてやるよ。人間が本当の地獄を見る瞬間をなあ!」
    「ミスティアさんは、ずっと笑っていられる世界にいてくださいね」
    「……お前は変わらないな、ミスティア……。今もなお、俺を助けたときと変わらない」



    ※ゲーム開始は七章から 二十一章は9月中までに開始します
    ※異録は他者視点です。
    ※正規の結末の他、個別エンド予定(ハッピーエンド、ifバッドエンド)
  • 連載 / 短編
  • 連載(206 部)
  • 完結
  • 連載中
  • ジャンル
  • 異世界(恋愛)
  • 文字数
  • 805962 文字
  • 会話率
  • 18 %
  • 読了時間
  • 1612 分
  • 挿絵の数
  • 0 点
  • ブックマーク数
  • 9300
  • レビュー数
  • 3
  • 評価者数
  • 540 人
  • 評価点
  • 5180 ポイント
  • 総合得点
  • 23780 ポイント
  • 初回掲載日
  • 2018年04月20日 16時07分
  • 最終掲載日
  • 2019年08月07日 10時00分
  • 更新日時
  • 2019年08月17日 17時20分
  • 最終更新日時
  • 2019年08月24日 05時27分