作品情報

  • Nコード
  • N2374ER
  • あらすじ
  • ※2019年4月1日午後に、新しく書き直した話を投稿する予定です。こちらの話は五月から非公開扱いにするつもりです。
    今まで読んでいただきありがとうございます。
    新しい話もよろしくお願いいたします。


    【サウザンドセンス】と呼ばれる者たちがいる。
    彼らは“神の欠片”を持ち、その能力の種類によっては【神】にも【魔王】にもなる。

    教会が生活の中心であり、悪魔や精霊が人間に関わる世界。聖職者連盟退治課の神父ルーシャは、五年前に家族を『悪魔』に殺され退治員も辞めてひとり静かに暮らしていた。
    ある日、退治員見習いのリィケという少年が彼のところへ訪ねて来た。
    「僕のパートナーになってください!」
    リィケの申し出を断ったルーシャだが、それからほぼ毎日、家にリィケが訪ねてくるようになり…………
    これは【サウザンドセンス】である者たちと、それを取り巻く人間と悪魔の物語。

    ※残酷な表現があります。悪魔が出てくるのでほどほどにグロ表現もあります。※誤字脱字が有りましたら教えていただくと勉強になります。
  • 連載 / 短編
  • 連載(90 部)
  • 完結
  • 連載中
  • ジャンル
  • ハイファンタジー(ファンタジー)
  • 文字数
  • 291406 文字
  • 会話率
  • 43 %
  • 読了時間
  • 583 分
  • 挿絵の数
  • 0 点
  • ブックマーク数
  • 21
  • レビュー数
  • 0
  • 評価者数
  • 0 人
  • 評価点
  • 0 ポイント
  • 総合得点
  • 0 ポイント
  • 初回掲載日
  • 2018年04月03日 00時59分
  • 最終掲載日
  • 2019年01月17日 20時31分
  • 更新日時
  • 2019年02月18日 13時32分
  • 最終更新日時
  • 2019年02月23日 18時54分

ページの先頭へ戻る