作品情報

  • Nコード
  • N7686FH
  • あらすじ
  • 21世紀末、科学技術の発展は科学と魔法の垣根を越えてしまった。
    顔を洗ってキッチンに入ると、食パンと卵とミルクを冷蔵庫から取り出し、食パンと卵を置き、コップにミルクを注ぐ。もちろん、手を一切使っていない。MIという機械がやってくれる。
    玄関を出ると、魔法の絨毯みたいにボードは地面から10cm浮いて時速30kmで飛ぶことができる。車もトラックもみんな浮いている。
    テレビで超能力番組を見た子供が超能力に目覚めたように、そこから魔法が生まれた世界。
    そんな世界に神楽坂 絵里は生まれた。
    普通に暮らしていた絵里は、ある日魔法に目覚めた。
    それによって周りから白い目で見られ、魔法を毛嫌いする。
    魔法科のある学園に通っていながら、どこか違う世界を見ていた。
    社会見学に行った日、
    東京の新シンボル『東京バビロン』へのテロに遭遇し、絶望し恐怖する民衆の前に王子が現れた。
    名前を内海 渡という。
    彼は暴走する巨大トラックを魔法で跳ね除け、民衆を救った。
    民衆は湧いた。
    一人の英雄に歓喜し、助かったことを神に感謝したのだ。
    絵里ははじめて魔法士の可能性を見た。
    ~わたし優秀な魔法師になれますか~
    二人の運命が絡み合い。
    様々な事件が二人を襲う。
    二人とその仲間たちの物語
  • 連載 / 短編
  • 連載(22 部)
  • 完結
  • 連載中
  • ジャンル
  • ローファンタジー(ファンタジー)
  • 文字数
  • 88586 文字
  • 会話率
  • 51 %
  • 読了時間
  • 178 分
  • 挿絵の数
  • 0 点
  • ブックマーク数
  • 2
  • レビュー数
  • 0
  • 評価者数
  • 0 人
  • 評価点
  • 0 ポイント
  • 総合得点
  • 4 ポイント
  • 初回掲載日
  • 2019年02月11日 23時42分
  • 最終掲載日
  • 2019年02月23日 06時00分
  • 更新日時
  • 2019年02月23日 06時01分
  • 最終更新日時
  • 2019年02月23日 06時04分

ページの先頭へ戻る